当協会の台湾人スタッフGRACY

By |2018-01-22T08:47:26+09:001月 10th, 2018|代表, 活動報告|

御挨拶が遅れてしまいましたが、新年おめでとうございます。 2018年になりましたが、当協会では年明け早々から面接や配属などに追われ、 1月3日より忙しく仕事をスタートしております。 なぜ三元日から業務かというと当協会がやり取りする機関は台湾や中国にあり、 これらの国々は春節が年越しとなる為、日本の正月時期は普通に稼働しているからです。 こちらの休みはあまり気にしないで連絡が入ってきます。 2月16日の新年に向けて最後の追い込みに入っているようですね。 特に昨年12月中旬にワーキングホリデーのビザ合格者が発表された為、春節後の3月から 来日したいという方の問い合わせが急激に増えているようで、当協会にとっては本当に嬉しいこと なので休みも返上して対応しているといったところです。 そんな当協会ですが、今年から多くの問い合わせに迅速に対応し、配属者の管理体制を強化することを 目的に台湾人スタッフGRACYが加わりました。 彼女は人財ビジネスの経験もあり、年齢的にも学生達のお姉さん的存在ですので必ずや期待に応えて くれるものと思っております。 私達からも配属中の学生・ワーホリ者には連絡をしておりますが何かありましたらすぐにGRACYに 連絡するように伝えて下さい。 当協会は今後さらに体制を強化してきますので、このブログを見て受入れに御興味を感じた 企業様はお気軽に相談いただければ幸いです。   さてさて、それでは本年もよろしくお願いします。

スノーリゾートでのインターンシップ~中国四川省から~

By |2017-12-23T15:13:36+09:0012月 23rd, 2017|インターンシップ, 活動報告|

今週は中国四川省から18日6名、21日4名と計10名のインターンシップ生が来日しました。 四川省といえば広大な中国の内陸部に位置し、辛い四川料理とパンダ保護区などが有名ですね。 ちなみに、今話題の上野動物園に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん香香(シャンシャン)の母親シンシンは四川省にある臥龍保護センターの出身です。 今回が当協会で初の中国人の受入れですが、成田空港の到着ゲートから出てきた学生は一昔前、私が中国の大学へ留学していた時の学生とは服装や持ち物も 違い雰囲気は「日本の若者と変わらないなあ」という印象でした。 外国語大学で日本語を専攻している彼らの多くは日本のマンガ、アニメなどのサブカルチャーから日本語に興味を持ったそうで、ある学生は東野圭吾の本が 好きだと話してくれました。台湾の学生もそうですが、日本のサブカルチャーから日本に興味を持つ方が多く、その影響力には驚かされます。 中国は13億以上の人口を有しているということもありますが、今や日本語学習者数も世界一になっています。政治の世界ではいろいろとありますが、これから も関わりが多い国であることに間違いないと思います。 日本語学習者は遼寧省の大連が一番多いのですが、四川省にもかなりいると大学の 先生は仰っておりました。 さて、学生は長野県のスキーリゾートへ移動し、二人ずつに分かれ、それぞれの 実習先でインターンシップ生活を送ります。 途中、上野を経由しましたがシャンシャンのことはあまり知らないようですね。 それよりも上野の街並みと人の多さに興味があるようでした。長野に到着しても内陸 出身の彼らにとって寒さはそれほど驚いておりませんでしたが、やはり雪には 「綺麗~」「冷たい~」と興奮していました。普段は仕事を頑張り、休みの日には スキーやスノーボードにも挑戦する予定です。 これから3ヶ月ちょっとの短期滞在ですが、食事の違い、会社規則、仕事方法など 様々なことで今までの生活との違いに直面すると思いますが·いろいろな経験を して最後には満開の桜を見て帰ってもらえたらなあと思います。 [...]

台湾高雄からのインターンシップ生@埼玉 

By |2017-12-20T16:12:20+09:0012月 17th, 2017|インターンシップ, 活動報告|

当協会(HCA)は埼玉にありますが、地元の企業様にもご利用いただいております。 現在、台湾人インターンシップ生の林君と黄君が実習をしているのは、当協会から車で20分程のところにあり先日は両陛下も 宿泊された有名リゾートホテルです。 二人は台湾第二の都市である高雄市の大学で日本語学科に在学中の4年生ですが先月から来日していまして 卒業直前の来年6月まで日本で過ごします。台湾の大学では一定期間(3ヶ月~1年。学校によって違う)企業で実習をすることが 卒業の要件になっていることがあり、日本語学科の多くの学生はそれまで勉強してきた日本語を更に上達させ、日本の文化を 学び、仕事のスキルも身に付けることができる日本でのインターンシップ(実習)を希望します。 林君はこのインターンシップをチャレンジと捉えており、「異国の地で仕事の厳しさを乗り越えて帰りた い」と面接時に熱く語って来日しました。黄君は読書が趣味のインドア派なので親から「外に出て世界の広 さを感じて来い」と言われインターンシップを決めたそうです。 最初の仕事(実習)はルームメイキングですが、ホテルの担当者からの評判は上々。覚えも早く仕事での悩 みはあまり無く過ごしていると連絡がありました。これから実習を重ね、レストランサービスやインバウン ドの対応などで活躍していく予定です。 ただ、最近は日本の寒さに少々苦戦している様子。高雄はハワイとおおむね同じ緯度にあるので無理もな いのですが、予想以上の寒さに驚いていました。初任給が出たら湯たんぽを買う予定だそうです。 インターンシップ生は仕事面だけではなく、こういう環境の違いにも直面しながら生活しております。 先日久しぶりに会ったら来日直後の緊張も解れ若干たくましくなったように見えました。 当協会は地元の埼玉で過ごし成長していく学生も、もっともっと増やしていきたいと考えています。

外国人財サービスの「一般社団法人 国際人財交流協会」が2017年12月1日にWebサイトをオープン!

By |2017-12-11T12:35:40+09:0012月 6th, 2017|代表, 活動報告|

インターンシップ、ワーキングホリデー制度により日本企業と台湾や中国(香港)の若者を繋ぐ「一般社団法人国際人財交流協会」がWebサイトを12月1日にオープンしました。紹介だけではなく業態に合わせた人財のご提案することが可能です。   3ヶ月~1年間日本に滞在し日本語、日本文化(おもてなし精神)、仕事スキルを働きながら学ぶ台湾、中国の若者の受入れに御興味のあるホテル・旅館を中心とした企業様を募集しております。     【来日予定のワーキングホリデー人財にについて】 ■台湾の18歳から30歳の日本文化に興味を持った若者です。 ■1年間の在留資格を持って滞在し、旅行や仕事をしながら日本で生活します。   【来日予定のインターンシップ人財について】 ■台湾や中国の4年制大学の日本語学科で勉強している大学生(2年生~4年生)です。 ■3ヶ月~1年間の短期間の滞在を予定しております。   【受入れ企業について】 当協会では台湾・中国の若者を受入れしていただける企業様を募集しております。 主な条件としては、 ①住込みになる為、寮完備であること ②ワーキングホリデー、インターンシップの趣旨を御理解いただけること   当協会の役割は日本の法人と日本での就労や実習を希望する台湾、 中国などを中心とした外国の人を繋ぐこと、両者を仲介することをになります。 それぞれ「法人という人」「外国の人」をかけがえのない『人財』と捉え、 双方に感謝・尊敬の気持ちを持ちながら『人財と人財を繋ぎ社会に貢献する』ことを ミッションに日々業務を行っています。   本件に関するお問い合わせ先 企業名:一般社団法人国際人財交流協会 担当者名:馬橋謙 TEL:0493773765 [...]

Go to Top