ロゴマークを一新しました

By |2020-07-05T09:14:09+09:004月 2nd, 2020|代表, 活動報告|

2020年4月1日から当協会のロゴマークを新しくしました。 デザイナーさんに相談しながら完成したロゴマークになります。旧ロゴマークのコンセプトを継承し、更にパワーアップした物になったと思います。 説明を載せておきます。 ________________________ 頭文字のHCAを組み合わせて、国際的な人財の箱(人財の宝庫)をモチーフにシンボライズしていただきました。。 2色のカラーは外国人財、日本企業を表しており、それを繋ぐ橋渡し役のイメージで構成しました。 全体の形はキューブになっており、安定安心の団体であることと、時代とともに良い意味でコロコロと転がっ ていく、順応性の高さを表現しています。 ________________________ 昨日から2020年度が始まりました。 今は新型コロナウィルスで大変な時期ですが、終息したらまた多くの人財と関わっていきたいと思います。 本年度も宜しくお願いします。

中国出張2019

By |2020-03-06T10:08:14+09:0010月 18th, 2019|インターンシップ, 中国, 代表, 活動報告|

2019年9月24日から9月27日の日程で中国四川省成都市に出張をしてきました。 目的は学校やエージェントを廻りインターンシップの説明会開催と冬季インターンシップ生の面接です。 成都は四川省の省都で、とても辛い四川料理やジャイアントパンダ繁殖研究基地などでも有名で伊藤洋华堂(イトウヨーカドウ)や伊势丹百货(伊勢丹)など日本のデパートも進出している大きな街です。 街を歩くと唐辛子が干してあったり、火鍋の店があちこちにあったりと文化の違いを感じます。 麻婆豆腐や青椒肉絲(チンジャオロース)の発祥地でもあるので初日は陳麻婆豆腐店に行ってきました。 案内してくれた地元出身の趙先生は四川の辛さは一番ではなく武漢の辛さの方がすごいと言って涼しい顔をして食べておりましたので私も食べてみましたが、一口で汗が異常なほどに出てきました。 今回の出張には中国への留学経験がある株式会社三方社の石川社長も同行しましたが、あまりの辛さに初日から胃腸を悪くしてしまい何度もトイレに行ってました。 隣のテーブルでは3歳くらいの幼い子供も平気で食べておりました。小さい時からこんなに辛い物を食べてきているので日本に来た学生が食事が合わずに苦労する理由が明確に分かった気がします。 初日は移動+食事で終わりゆっくりする予定でしたが、到着後ホテルに移動している時に受信した出張予定表を見ると次の日に1時間半もプレゼンをしなくてはならないことがわかりホテルに戻りPCで資料を作成しました。 二日目は朝7:30から夜8:00までぎっしりとスケジュールが入っておりました。 まずは四川旅行学院へ移動して説明会をやりました。同じ成都なのですが車で1時間半くらい掛かります。 国立大学の日本語学科の学生50名くらいが話を聞いてくれました。この学校からの受入れはしたことが無いのですが、これを機に興味を持ってくれればうれしいです。その後にはまた来た道を戻り、市内にあるエージェンシーの事務所で9名の面接を行いました。 やはり国立大学の日本語学科4年生で皆さんとても流暢に日本語を話します。今年の冬にスキー場でのインターンシップを希望しておりました。 日本語スキルは問題ありませんが、来日が年明けになる為、帰国後に受入れ先を確保しなくてはならない案件となりました。 面接を終えると事務所の近くの路地裏にあるローカル店で麺と水餃子を食べました。中国では贅沢をしようと思えばものすごく高級な店もありますが、路地裏にあるローカル店に入るととてもリーズナブルです。しかし、味はそれなりに美味しいお店も多く地元の人に連れて行ってもらうと間違いありません。 夜は火鍋のお店に連れて行っていただきました。オバマ大統領夫人であるミシェルさんが来店したという事で有名な店だったようです。私も以前、長く中国に滞在して何度も食べに行きましたましたが四角い火鍋は初めてでしたが、とてもおいしくいただきました。また、食事中には変面のショーもあり盛り上がりました。(なぜか面がドラえもんでしたが。。。) [...]

インキュベーションニュースに載せていただきました

By |2019-08-13T14:30:21+09:003月 23rd, 2019|インターンシップ, ワーキングホリデー, 代表, 台湾, 活動報告|

当協会の事務所は埼玉県のインキュベーション施設内にあり、我々と同じように創業5年未満の法人や これから法人成りを計画している個人事業主、士業の方などが25部屋に入居しています。 この度、施設の管理部門の方が発行するインキュベーションニュースに載せていただきました。 昨年4月から入居していますが、施設は綺麗だし、リーズナブル、駅ちかで立地も◎。 いろいろとサポートもしてくれるので入って良かったと思っています。 しかし、施設の性質上、入居期間は3年間。 1年があっという間に過ぎてしまいちょっと焦ってしまいますが、他の入居者の方々に刺激を受けつつ 残り2年もっともっと頑張っていきたいと思います。 ちょうど年度末です。無事に今期を終えることができて皆様に感謝です。

会社案内できました

By |2020-03-06T10:13:48+09:003月 19th, 2019|インターンシップ, ワーキングホリデー, 代表, 活動報告|

前々から制作したいと思っていましたがようやく会社案内ができあがりました。 今まではMicrosoftのofficeソフトを使っての手作り感満載の会社案内でしたが、プロの方に頼むと やはり一味違う物ができます。 これを見れば当協会の業務をよく理解してもらえると思います。 もうすぐ年度末。来期はより多くの方とご縁があるように営業活動をしていきます。

台湾訪問

By |2019-09-17T13:13:59+09:002月 20th, 2019|インターンシップ, ワーキングホリデー, 代表, 台湾, 活動報告|

2019年2月13日から1週間弱のスケジュールで台湾の取引先3社を訪問してきました。 短期間で台北、台中、高雄と北から南まで足を運びましたが、台湾は九州と同じくらいの面積。 高速鐡道で台北から高雄まで1時間半程度で到着するのでそれほど苦にはならない移動距離です。 個人的には約2年ぶり、協会の営業を始めてからは初の訪台となりました。 前職では年2~3回は訪台していましたが、自分でやっていると経費も気になり、どうしても足が重くなります。 しかし、2年も経つと状況は変化しているだろうし、直に会うことの大事さは日頃の業務で身に染みております。 冬の配属が完了したこのタイミングで行かないとまた延びてしまうので訪台を決めました。 当協会が取引しているエージェンシーの社長さんは皆30代の若者です。 若くして起業しており(または責任者になっており)、そのアグレッシブな姿勢にはいつも感心させられます。 まだまだ動き始めたばかりの当協会と比較するとだいぶ手広く営業されている3社です。 彼らとはだいぶ前に知り合いましたが、私が退職し職業訓練校に通いながらその後の人生設計を模索している時に連絡をくれたのが 法人の本格営業をするきっかけにもなったので私の人生にも大きな影響をくれる社長さん達です。 今回の訪台はご挨拶と最近の情報交換がメイン業務。転職が当たり前の台湾では担当者は短期間で変わるが多々あります。 何人か初めての方にもお会いすることもできました。 一度顔を合わせておくと業務はやりやすくなるのでそれだけでも今回の出張の意義は十分に果たせたかと感じます。 また、4社ともそれほど大人数でやっている訳ではないので、一人の担当者がかなりの実権をにぎっていくケースもあります。 長いお付き合いができることを願いばかりです。 情報交換部分では今度の4月から始まる「特定技能」という新在留資格の話がどこでも出てきました。 ワーホリなど職業紹介業務も行っている彼らからすれば興味を持って当たり前ですが、現段階では詳細が決まっていないので 「情報のアンテナを張り巡らせておこう」というところまでしか話はできませんでした。 台湾は二か国協定の対象にはなっておりませんが、日本語試験と技能試験を取っていれば在留資格取得は可能かと思います。 とりあえずは様子を見ている段階ですが、今後いい形での受け入れができるならば当協会としても関わっていくこともあるかと思います。 ちなみに台湾で法人が有料職業紹介の資格を取得するのは、日本よりもずっとハードルが高いです。資産要件もそうですが、試験になかなか 受からないそうで以前だいぶ苦労されていました。 [...]

事務所移転のお知らせ

By |2018-04-07T18:06:32+09:004月 4th, 2018|代表, 活動報告|

お取引先様、関係者様各位   このたび一般社団法人国際人財交流協会は、 4月7日より下記住所に事務所を移転する事となりました。 これを機にスタッフ一同、 皆様のご期待にお応えできますよう一層サービスの向上に励む所存でございますので 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。     記 業務開始日    平成30年4月9日 新所在地    〒350‐1124 埼玉県川越市新宿町1-17-17 ウェスタ川越502号室 新電話番号 049-265-6284  新FAX番号 049-265-6294  

応募者の面接について

By |2018-02-26T09:57:52+09:002月 15th, 2018|インターンシップ, ワーキングホリデー, 代表, 活動報告|

まだ寒い日が続いておりますが、私の方は既に飛び始めた花粉に目や鼻が反応しており、 春が確実に近づいるのを感じています。皆さま如何お過ごしですか? 今回は当協会の応募者選考についてちょっとだけ記したいと思います。 当然ではありますが当協会が仲介する応募者は受入企業様へ紹介する前に面接を含めた選考をしています。 その手順ですが、まず当協会の求人情報を見たり説明を聞いて興味をもった応募者には履歴書に加えて チェックシートを記入してもらっています。このチェックシートは今までの経験をもとに独自に作って いるものです。 当協会が扱っているのが外国人財ですので稀ではありますが、文化や習慣の違いから想定外のことが起 こったことがありました。例えば台湾や中国ではファッション感覚で刺青をしている方も結構おります が、当協会が紹介し温泉旅館に赴任した方の腕にアニメのキャラクターの刺青があることがわかり、 毎日のお風呂の対応に困ったことや、台湾、中国とも少数民族などで独特の食習慣を有している方も おり賄いが何も食べられなかったことなど赴任してからですとどうにもならないことは事前に把握して おく必要があります。 かなり細かい点を諸々チェックしておりますが、内容は随時更新して運用していく予定です。 履歴書、チェックシートでの書類選考を通った応募者には面接を実施しております。 面接時にはまだそれぞれの国に居りますので、現地まで赴いての対面面接と、インターネットを利用して の面接の2パターンがあります。インターンシップの受入れにあたっては現地へ赴き大学で趣旨を説明し て面接をしています。学生が日本でインターンシップ中には大学から先生が状況確認に来ることがありま すので先生とお会いして打合せをすることも目的の一つです。 ワーキングホリデーでの応募者との面接はほとんどインターネット回線を利用して行っています。 台湾や中国では日本以上にインターネットが普及しておりますので面接は不自由なくできます。中には 自己紹介文をPCの前に貼って読み上げている方やスマホを自分で持ちながら屋外で面接を受けようとす る方もおりますが、逆にその方を理解するのに役立つのでいいかと思っております。 一通り面接まで終わってから求人企業へ紹介をしますが応募者の人物像をどのように伝えるかということ はこれまでとても苦労してきました。面接官は年間数百人と面接をしているのでポイントを掴んではおり ますが、どうしても主観が入ってしまいます。そこで最近は面接時に動画を撮影して提供するようにして おります。このことによって日本語能力や応募者の実際の表情を確認でき、よりミスマッチが少なくなる のではないかと思います。 さらに最近導入を検討しているのがWEB適性検査です。 [...]

当協会の台湾人スタッフGRACY

By |2018-01-22T08:47:26+09:001月 10th, 2018|代表, 活動報告|

御挨拶が遅れてしまいましたが、新年おめでとうございます。 2018年になりましたが、当協会では年明け早々から面接や配属などに追われ、 1月3日より忙しく仕事をスタートしております。 なぜ三元日から業務かというと当協会がやり取りする機関は台湾や中国にあり、 これらの国々は春節が年越しとなる為、日本の正月時期は普通に稼働しているからです。 こちらの休みはあまり気にしないで連絡が入ってきます。 2月16日の新年に向けて最後の追い込みに入っているようですね。 特に昨年12月中旬にワーキングホリデーのビザ合格者が発表された為、春節後の3月から 来日したいという方の問い合わせが急激に増えているようで、当協会にとっては本当に嬉しいこと なので休みも返上して対応しているといったところです。 そんな当協会ですが、今年から多くの問い合わせに迅速に対応し、配属者の管理体制を強化することを 目的に台湾人スタッフGRACYが加わりました。 彼女は人財ビジネスの経験もあり、年齢的にも学生達のお姉さん的存在ですので必ずや期待に応えて くれるものと思っております。 私達からも配属中の学生・ワーホリ者には連絡をしておりますが何かありましたらすぐにGRACYに 連絡するように伝えて下さい。 当協会は今後さらに体制を強化してきますので、このブログを見て受入れに御興味を感じた 企業様はお気軽に相談いただければ幸いです。   さてさて、それでは本年もよろしくお願いします。

外国人財サービスの「一般社団法人 国際人財交流協会」が2017年12月1日にWebサイトをオープン!

By |2017-12-11T12:35:40+09:0012月 6th, 2017|代表, 活動報告|

インターンシップ、ワーキングホリデー制度により日本企業と台湾や中国(香港)の若者を繋ぐ「一般社団法人国際人財交流協会」がWebサイトを12月1日にオープンしました。紹介だけではなく業態に合わせた人財のご提案することが可能です。   3ヶ月~1年間日本に滞在し日本語、日本文化(おもてなし精神)、仕事スキルを働きながら学ぶ台湾、中国の若者の受入れに御興味のあるホテル・旅館を中心とした企業様を募集しております。     【来日予定のワーキングホリデー人財にについて】 ■台湾の18歳から30歳の日本文化に興味を持った若者です。 ■1年間の在留資格を持って滞在し、旅行や仕事をしながら日本で生活します。   【来日予定のインターンシップ人財について】 ■台湾や中国の4年制大学の日本語学科で勉強している大学生(2年生~4年生)です。 ■3ヶ月~1年間の短期間の滞在を予定しております。   【受入れ企業について】 当協会では台湾・中国の若者を受入れしていただける企業様を募集しております。 主な条件としては、 ①住込みになる為、寮完備であること ②ワーキングホリデー、インターンシップの趣旨を御理解いただけること   当協会の役割は日本の法人と日本での就労や実習を希望する台湾、 中国などを中心とした外国の人を繋ぐこと、両者を仲介することをになります。 それぞれ「法人という人」「外国の人」をかけがえのない『人財』と捉え、 双方に感謝・尊敬の気持ちを持ちながら『人財と人財を繋ぎ社会に貢献する』ことを ミッションに日々業務を行っています。   本件に関するお問い合わせ先 企業名:一般社団法人国際人財交流協会 担当者名:馬橋謙 TEL:0493773765 [...]

Go to Top